衣類の保管どうしていますか?

JUGEMテーマ:オンラインストア・ショップ

 

 

まだまだ寒い日が続きますが、2月も残り2週間をきりました。

 

 

暦の上では立春もすぎもう春です。

これから徐々に暖かくなってくるはず。

 

 

そうなるとだんだん困ってくるのが、

暖かくなって身に着けなくなったニットやマフラーなど冬物の収納。

大衣替えの時期よりも少し早く片付けたり、まとめて片付けたりいろいろあると思います。

 

圧縮袋に入れて嵩を減らしたり、、防虫剤をいっぱい入れたり、、

対策もいろいろしますよね。

それでも、冬が過ぎると来年まで出番がなく久しぶりに出してみると

圧縮袋で大切な衣類がしわしわになっていたり、虫に食われていたり、

黄ばんでいたり、、、ショックな事件が起きてしまったりすることも、、、。

 

 

そんなことにならないために、今年の衣類の保管方法のひとつに桐の衣装箱はいかがでしょうか?

 

 

生地を守りたい、大切な衣類を桐の防湿効果と調湿性の高さで守ります。

昔からある衣装箱の着物が入るサイズで作っていますので、

もちろん着なくなった着物を手許において保管しておきたいときにも◎

 

 

外寸:長さ950mm×幅395mm×高さ147mm(手作りのため誤差が出る場合がごさいます)

現在オンラインショップにて数量限定、送料無料(衣装箱のみとなります)で販売しております。

ぜひお見逃しのないようにお早めにどうぞ。

 

http://kirihaco.shop-pro.jp/?pid=127678582